えびす・だいこく100kmマラソンの応援に行ってきました!

5月12日に島根県で行われた、「えびす・だいこく100kmマラソン」の応援にちょこっと行ってきました。このマラソン、100kmを14時間で走る、いわゆるウルトラマラソンです。

 

 

4年前に6時間弱でやっとこフルマラソンを完走したのが最後になってる(しかもその後走ってない…(笑))私からすれば、もーう、100kmなんて距離を走るだなんて、それだけで信じられない(ひーっ)!!

 

 

この大会に普段仲良くしていただいてるお仲間さんたちが走る!ということで応援に行ってきました。ウルトラマラソンの応援は久々。

 

人の可能性ってホントすごいなぁと思うんですよ。

でもね、それは自分の世界だけだったら知り得ないことが多い。だって、間違いなく自分の出来ることでの判断だったら、100kmなんて車でも遠いというのが当たり前と思って終わってるはずだから(笑)。でもこうして周囲にいろんなチャレンジをする方がいることで、その価値観や当たり前をどんどん良い意味で壊していただいてるなぁと思ってます。だから、私自身、人を応援しながら、様々な世界を見せてもらってると思ってます。

 

 

この大会、一人で走る個人の部だけではなく、最高5人までのチームの部があるのが素敵なところだなと思いました。とてもウルトラマラソンなんて無理!ましてフルマラソンも厳しい…なんて人でも、チーム戦(しかも何度どの距離で交代しても可なのだそうです)でウルトラマラソンの雰囲気をメンバーの一人として体感出来るというのだからおもしろいですよね!実際小学生かな?と思う方もメンバーの一人として走ってたりするのを見かけました。

 

人って縁がないとなかなか興味には繋がりませんよね。だからこうして、関わる機会が出来るって、とてもすばらしいことだなぁと思いました。

 

 

お仲間さんは個人の部と、チームの部それぞれにエントリーされていました。

チームの部 水曜ダッシュ倶楽部の皆さん

個人の部に出場された田中さん。彼は250kmも完走されてるウルトラランナー。

 

みなさん、完走おめでとうございます!本当にすばらしい。

 

 

リレーメンバーは、ランナー担当を見送り、車で先回りして来るのを待ち、交代して…という感じでした。終始とても和やかな雰囲気でめちゃくちゃ楽しそうでした!まるで大人のオリエンテーリング!!楽しくて早く終わりすぎたくないからペース配分を考えるなんて言われてましたよ。

 

 

 

 

 

 

今回は、時間的なこともあり、55km〜71kmくらいまでの単発的な追っかけ応援でしたが、本当にパワーいただきました。毎度思うのですが、生応援はエネルギーが伝わってきて、応援といいつつも、本当に自分のほうがパワー貰いまくってる気がしています。私個人としてはもちろんですが、そして機会があれば、こうして社としても、積極的に応援に行けたらいいなと思っています。

 

 

コースが一般道を通る形になっていることもあり、結構車量の多いところもあるため、応援や交代などの車停車についても大会側があらかじめ色々配慮されていらっしゃって、大会以外の方にきちんと迷惑にならないようにされているのも印象的でした。その分、どうしてもランナーさんに声かけ応援できる場所というのは、コースを実際解ってないと、どの辺に車が置けるかな?というのがまるでわからないので、あらかじめ決めておくのは難しいところもあるのですが、車停車可能な70kmあたりの場所で、1時間ほど、いろんな方へ声かけ応援させていただきました。

 

 

宍道湖沿いで気持ち良かったです。

 

私自身、フルでへろへろになり、30km過ぎると応援うれしいけど手を上げる元気もなかったという経験があるだけに、70km越えてなお、応援に笑顔で応えていく選手達が本当にすごいな、と尊敬しかありませんでした。

 

 

ちなみに、こちらのSmile Linksユニも私がデザインさせていただきました!名前のごとく、どんどん好きなことを実現されながら、笑顔が繋がって行くといいなと思っています。

 

 

また、今回は水曜ダッシュ倶楽部のみなさんから機会を頂き、大会パンフレットに当社はこのような広告もださせていただきました。

 

 

 

単なる広告でもおもしろくないなぁーと思ったので、応援広告。
これについてはまた別途書いてみたいと思います。

 

 

サイト制作やデザインということが、私たちのお手伝い出来るコトではありますが、そもそもサイトやデザインの役割って、依頼してくださる方が「こうしたい!」「こんな風に出来たらいいな!」を実現させていくツールだと思ってます。

 

そのためには、リアルに知る、感じる、関わって行くってとても大切。また、これまでの関わりからスポーツやアートとの世界との繋がりも多かったこともありますが、何か今後もこういった分野でもお手伝いも出来ていけばいいなと思っています。

 

 

何はともあれ、ランナーの皆様、大会関係者の皆様、お疲れさまでした!

 

今回応援に伺った大会

 

えびす・だいこく100kmマラソン
http://ebidai100km.jp