リニューアルケース4:今の事業に合っていない! 御社のホームページは事業内容・目的とマッチしていますか?

ホームページを見たときに「事業内容と合っていない」と感じることはないでしょうか?

 

せっかくエンドユーザにホームページを閲覧していただいても、ホームページの内容と事業の実態が合致していなければ、御社の信用が疑われる事態にもなりかねません。

 

「事業内容と合っていない」と感じたときは迷わずにホームページのリニューアルを検討することをお勧めします。

 

 

ホームページと事業内容が合わなくタイミングとしては以下の2つが考えられます。

 

◆会社の事業、サービスの内容に変化があった場合

◆ホームページの目的に変化があった場合

 

それぞれについて詳しく見てみたいと思います。

 

会社の事業やサービス内容に変化があった場合

経営上の刷新により、社名や代表者の変更があった場合にはホームページも合わせて修正されると思いますが、事業内容やサービス内容に変更があった場合などはホームページの修正が後回しになることが多いと思われます。

 

時間の問題、費用の問題などにより後回しになるのでしょうが、エンドユーザからするとホームページの内容と事業、サービスの実態が合っていなければ、御社に対しての信用を疑う事態になるかもしれません。

 

可能な限りリアルタイムにリニューアルすることをお勧めします。

 

ホームページの目的が変わった場合

ホームページを制作する際、目的をもって制作をされると思います。

  • 会社、店舗について知ってもらいたい。
  • 製品、商品、サービスについて知ってもらいたい。
  • 新規顧客を獲得したい
  • 求人、採用を行いたい

など様々ですが、それぞれ目的毎にホームページの在り方は異なります。

 

そのため、ホームページの目的が変わった場合には迷わずリニューアルを検討されることをお勧めします。

 

まとめ

「ホームページと事業内容があっていない」と感じる時は、ホームページの更新が遅れていることが多いと思われます。

 

エンドユーザが御社の信用を疑うことになると問題だと思いますし、ホームページのリニューアルを行うべきタイミングですので、弊社までお気軽にご相談ください。